Home > 任期2 > からの~、メフモン

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

からの~、メフモン

木曜日のハスティイモム参拝から、レストランへ、その後もう日が暮れたので帰宅、と思いきや、そのままアブロル君のご自宅へ連れて行かれてしまった。

連れて行かれたといっても、別に手錠+猿轡されて拉致されたわけじゃなくて、そのまま車に乗せられて彼の家へ到着したというだけの話だ。私としては、日も暮れているし、家で用事もあるし、今日は寄らないで次の機会に、とやんわりお断りをしていたのだけれど、「5分だけでいいからさ、ちょっと両親とあってさ」「お茶だけ飲んだら家まで送るからさ」とか言われて、週末の終電近い新宿でナンパされてる女子の気分。ウズベキスタンでは、5分だけとかお茶だけというのは額面どおり受け取ってはいけない。

先日のサマルカンド観光で、ふらっとバスに乗ってきて知り合ったアブロル君は、ただの英語が得意な青年だと思っていたのだけれど、実はいっぱしの青年実業家で、アパレルショップを二店も経営しているショップオーナーなのだった。自慢げに自分のジーンズショップを見せてくれて、それから自宅に連れて行ってくれた。


アブロル君の店

彼の家は、大柄で寡黙なおとうさんと、年齢を感じさせない美人のおかあさん、22歳のアブロル君と、20歳くらいの弟、そして3歳の末の弟。おかあさん以外は全員男性の家庭だ。末っ子は、おかあさんが40歳のときの子だと、おとうさんに自慢されてしまった。おとうさん、頑張るなぁ。ウズベキスタンには、このくらいの歳の差のある兄弟は多い。結婚して一子、二子を設けて、それから母親が仕事に復帰して、一通り働いて引退してから、もう一度子作り、というパターンなんだろうと思うけれど、叔父さんと甥/姪の年齢差が5歳くらいとか、ひょっとしたら同じ歳とかにもなりそうだ。

ウズベク人は、家族と家庭をとても大切にすると思っていたけれど、親類縁者のコネクションがモノを言う社会では、幅広い年代層に家族/親類がいるっていうのは、戦略的にも良いことなのかもしれない。

5分だけの訪問だったはずが、15分になり、結局、ご飯を作っているから食べないで帰るのは失礼ですよ、などとすまし顔で言われ、おいしいオシュとチキンをいただき、記念撮影をした頃にはもう10時半を過ぎていた。さすがに夜遅いので失礼しますと言って、帰宅。

帰り際にお母さんが、「うちは女がいないので、すぐに作れるようなものしか出せなくてごめんなさいね」と仰られた。日本人以外にもそんな風に言う人たちがいるとは、ウズベク人って奥が深いと思う。

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]
[10/21 シゲル&Bill]
[10/20 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア