Home > 任期2 > 床屋のオイベックさん

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

床屋のオイベックさん

オイベック駅のそばの床屋に通っている。理髪師の名前もオイベック。この国にはオタベックとかオイベックとか、そういう名前が多いので、床屋のオイベックと呼んでいる。

ウズベキスタンに来て一ヶ月くらいの頃、床屋を探し回っていて、ちょうど家のそばに見つけた床屋がオイベックだった。始めは相場がわからず、言われたまま15000スムを払ったが、市場価格なら5000スム、街の床屋で7000スムくらいが相場らしい。相場より二倍くらいの金額を取られている。場所柄、外国人も多いエリアなので多少色をつけて請求したのかと思う。

カット自体は時間をかけて漉きバサミでシャギーな短髪に切ってくれて、旧ソ連風の角刈りじゃなかったのと、丁寧にマッサージをしてくれたりしたので、これならまあ、そのくらい払ってもいいか、と思った。実際に市場で5000スムで切ったとすると、たぶん前髪と後ろ髪を長めに残して一直線にそろえた、いわゆる旧ソ連カットになるはずだから。

それから3週間に一度くらいずつ彼に切ってもらっている。毎回毎回、高いとは思いつつ、一度その値段で払い始めてしまったばかりに、どうやってディスカウントさせたらいいのかわからない。床屋もそこらじゅうにあるわけじゃないので、遠くまで行くのは面倒だし、また新しい理容師にイチから説明するのも、面倒。

ただ、この人のカットはなんとなく、ムラがあって、妙に短すぎるときもあれば、長すぎるときもあり、ときにはわかわかしく、時には微妙に旧ソ連風味に切ってくれる。仕上げに整髪量を付けてくれるときもあれば、つけないときもある。たいてい、日曜の夕方あたりに切りにゆくので、整髪量を付けてくれないことが問題じゃないんだけど。

ところが先日の日曜日、最後に切ってもらったときは、鋏もつかわずに最初から最後までバリカンで整えてくれて、お寿司屋さんのような角刈り風旧ソ連カットにされてしまった。これなら、市場の中のカット屋さんでもできる仕上がりだぞ。技術料だと思って15000払っていたけど、これに15000は払えないぞ~。

というわけで、そろそろオイベックにボラれるのもやめにしようかと、そんな風に考えている今日この頃なのです。

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
3 8
10
21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[07/20 survetement adidas pas cher]
[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]
[10/21 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア