Home > 記事一覧

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

映画『Good Time』(グッドタイム)



昨年末のこと、Good Timeという映画を観に行こうと思っていて、上映が終わってしまっていました。東京では11月3日公開で、12月に見ようと思ったらもう終わっていたので、公開期間は短かったようです。

Who won't to have this これ見てジャケ買いしない人いないんじゃないか


iyama taroさん(@iyamat)がシェアした投稿 -



本体の映画を観る前にじつはサントラのレコード盤を購入していて、これがOneohtrix Point NeverというMusicianによる非常に傑作で、是非観たいと思っていたので落胆していました。


今日、なんとなくNetflixのラインアップを観ていたら、なんと、日本Netflixで1月13日時点で、既に公開されていました。嬉しい驚きでしたが、11月に公開されたばかりの新作なのに、早すぎ!?

昨日、仕事明けてビールを飲みながら観てみたのですが、開始30分でなんだか涙腺がゆるくなる、ような傑作。ドジなんだけど兄弟愛。これはスクリーンで観たかった。


トワイライトのシリーズでアイドル的人気を博したロバートパティンソンが、おそらく俳優生命をかけて挑んだシリアスなロールなので、興味がある方は是非、ご覧ください。


なお、日本ではサウンドトラックが2バージョン発売されていて、通常バージョンと、Rawバージョン。Rawのほうは実際に劇中で使われる曲順で収録されています。ジャケットが違うので見分けがつくと思います。

これが通常バージョン。


これがRAW。アートワークはいただけない・・・


Blurayは3月発売だそう。


ところでSoulファンにとってグッドタイムといえばこれしかないので、



ついつい頭の中に流れてしまう。

2017-2018

New year's celebration #newyear


iyama taroさん(@iyamat)がシェアした投稿 -



二か月以上ブログを放置してしまいました。

2017年の旅行

1月AMS QR ビジネス/エコノミー
2月ITM JL クラスJ
4月DXB QR ビジネス/エコノミー
6月DME QR ビジネス/エコノミー
7月 三沢 JL クラスJ
7月BKK MH ビジネス
9月TAO KE エコノミー
10月SIN MH ビジネス
12月SHM JL エコノミー

結構旅行しました。これで、2018年のQRプリヴィレッジクラブメンバーシップはGold継続となります。

2017年鑑賞したライブは以下

Mary J Blige
ナイルホーラン
エリカバドゥ
Beck
Mitski
Gabriel Garzòn-Montano
Boys ii Men

2017年映画は以下

沈黙サイレンス
クーリンチエ
I ダニエルブレイク
マンチェスターバイザシー
Split
メッセージ
パターソン
新感染
ベイビードライバー
ダンケルク
ハイドリヒを撃て
Get Out
IT
Nocturnal Animals
希望のかなた
Blade Runner 2049

年初は映画音楽はあまり観てなくて、年末にかけてどたどたとたくさん観ましたね。

今年は、とりあえず予約済みなのが2月の香港マカオと3月のイタリア、プリヴィレッジクラブは来年はシルバーに落ちてもいいかな、と思っていましたが、あと2回ほど渡航すればゴールド継続できそうなので、やっぱりゴールド継続予定です。

めぼしい来日公演は今のところ少ないですが、映画は春にかけて観たいものがたくさんあります。

スリービルボードはもちろん、ソフィアコッポラの新作、ビガイルドと、ヨルゴスランティモスの聖なる鹿殺し、これ、どちらもコリンファースとニコールキッドマンが主演しているのが面白い。Call Me By Your Name, Shape of Water, あと、すごく好きな香港映画、欲望の翼が待望のリマスター上映。BPMとLady Birdも楽しみです。


ベック 日本武道館公演を観た

PA230001長いキャリアなのに今が絶好調なのは稀有なことです。

エリカバドゥ ビルボードライブ東京公演を観た

2017_1012_18105700

会場


会場はBBL東京。キャパは300人ほど。そのうえ、普通は2ステージ/日のところ、今回は1ステージです。エリカバドゥのネームバリューを考えると、ステージが小さすぎるのでは、と思いましたが、昨年、今年のD'angeloのパシフィコ横浜、MaxwellのStudio CoastがSold outしなかったことを考えると、丁度いい落としどころなのでしょう。

Denis Villeneuve監督の3作品を観た。(ネタバレあります注意)



2013年の映画「Prisoners(プリズナーズ)」「Enemy(複製された男)」のネタバレを含みます。観ていない方は読まないでください。

映画、『Arrival(邦題:メッセージ)』を観て、Denis Villeneuve(ドゥニヴィノー)監督の映像美とか造形美に惹かれました。Netflixでは2017年9月時点でPrisonersとEnemy(邦題:複製された男)の2作品が公開されています。

JAL126 ITM-HND クラスJ

155
1時間前には空港着。特に空港ですることもないので保安検査を通ります。カバンに缶ビールが1本入っていますが、保安検査で申し出るだけで特に問題ないようです。

映画『Dunkirk ダンケルク』を大阪エキスポシティのIMAX次世代レーザーで観た

104
Dunkirk(ダンケルク)という映画は、ほとんどのシーンがIMAX65mmフィルムで撮影されており、普通のIMAX上映館では上下をカットして上映しているそうですが、日本では唯一大阪エキスポシティの109シネマズのシアター11では、IMAX次世代レーザー(IMAX with Laser)で、IMAX70mmフィルム上映、上下をカットしていないバージョンで鑑賞することができます。

114
ちなみに、このIMAX with Laser対応劇場は世界でもまだ50館程度しかないそうです。

115
そこで大阪までDunkirkを観に行ってみました。結果、観に行った甲斐がありました。映画好きな向きには納得できるかと思います。手に負えないほどの臨場感とでも言いましょうか。

劇場に入ると、劇場の大きさを感じさせる長い通路を客席まで歩きます。

120
客席に一歩入ると綺麗なライティングがされたスクリーンの大きさに驚きます。公式サイトによると、高さ18m超、横幅26m超の巨大スクリーンで、ビル6階分の高さがあるそうです。

P_20170924_212719
前のほうの席だと画面を追うのが大変そうです。私は真ん中あたりのExeシートで鑑賞しましたが途中から字幕を追うのが面倒になってほぼ原語で鑑賞しました。実は鑑賞2回目だから特に問題なかったです。

上映がはじまると1番はじめの市街地のシーンでまったく違う臨場感を感じることができました。

スクリーンが大きくて、視界がほとんどスクリーンになるので、ほとんど映画のセットの中にいるように感じます。これが臨場感の理由です。

東京で見たときはIMAXでもない小さいスクリーンで見ましたが、映画への没入感がまったく異なります。

市街地のシーン、そして空の戦闘機のシーンでこの巨大スクリーンの恩恵を一番感じました。小さいスクリーンではわからなかった細かいディテールもたくさん見つかりました。キリアンマーフィーの登場シーンが思ったよりたくさんあったこと、など。

巨大スクリーンなのに映像は驚くほど綺麗で、髪のひと房、ひと房までも鮮明に見られます。

この映画自体、ミニマムな出演者、台詞、ストーリーと、マキシマムなエキストラ、サウンドで、観客を戦場体験させるような作品であるので、この巨大スクリーンとの相乗効果は驚くべきものでした。

ハンスジマーの音楽も不安をかきたてるようなもので、すばらしい効果です。

エンドクレジットには、あるシーンで登場した小型船の名前がクレジットされていました。重要な登場キャラクターともいえる小型船、実際のダンケルクの救出で使われたものでしょうか。

はじめてのIMAX次世代レーザーは、映画体験の未来を見せてくれます。また気に入った映画があったら関西まで観に行きたいです。



来場者特典のクリアファイル。

2017_0924_23133100


にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8
11 12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[12/19 きめせく]
[10/20 ま]
[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア