Home > 記事一覧

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

映画『Dunkirk/ダンケルク』を観た

映画『Dunkirk/ダンケルク』を観た



これは、映画といったらいいのか、擬似ドキュメンタリーといったらいいのか、深く印象に残った映画でした。決して楽しい映画ではありません。

いわば、緊迫する戦場を、観客も一緒に追体験するような。

アメリカ映画のようなわかりやすい起承転結があるわけでもありません。台詞もキャストも最小限で、ただ陸、海、空から見た戦場を圧倒的なリアリティで見せ付けられます。

主演のFionn Whiteheadはいかにも平均的なブリテンの若者といった感じ。この映画に適役です。個性が主張しないところがいいと思いました。ハリースタイルズも、本来はブリリアントな個性のある人だけれど、このスクリーンの中ではまるで目立たない1兵卒。映画プレシャスに出てきたマライアキャリーも、そんな感じだったっけ。いわれなければワンダイレクションだとは思わないでしょう。

ハンスジマーの音楽もお化け屋敷のように、緊張を増長させます。

上映中ずっと冷や汗をかいていました。こんな映画は珍しいです。

本来IMAXの65mmフィルムで撮影されたこの映画、ほとんどの映画館だと上下をカットした横長画面で上映しているそうですが、日本では唯一大阪エキスポシティでは上下をカットしない本来のIMAXで上映されているとのこと。これは、交通費かかってでも観にいきたいレベル。

久しぶりに観た純英国産映画、とてもよかったです。


Niall Horan (ナイルホーラン) Flicker Sessions 2017 東京公演を見ました。

Niall Horan Flicker Sessions 2017 東京公演を見ました。

100
六本木駅から告知がされていて気分↑


会場入りはまるでテロ警戒中の空港のように、荷物検査に金属探知機を利用したボディーチェックと、厳戒態勢。先日のマンチェスターでのできごとがあったので仕方のないこと。

067
会場は10代くらいの女子がメインで、それぞれスマフォを構えて開演を待つという今風の風景でした。

072
この腕たちを見よ(うで疲れないのかな

気さくにおしゃべりを交えつつスタートしたステージは、未発売のアルバムに収録予定の曲がほぼすべて。なつかしのチルアウト系フォークロックといった風情で、きっとソウルミュージックも好きなんだろうな、という作風。予備知識がなければワンダイレクション出身とはわからないです。

083
MCでは、「アルバム発売前にこうして曲をお披露目するにはいいステージだと思った」と、小規模な会場を選んだ理由も。

Flickerが次のアルバムタイトルになるそうで、表題曲のFlickerを演奏する際のMCでは、この曲は自分にとってとても大事な曲で、この曲ができたことによって他の曲も次々とできあがった、というMCもありました。

ときおり、「ありがとう」と日本語をはさむのですが、いわゆる外国人の日本語とは違って、かなりきれいな発音なので驚きました。本来ミュージシャンだから耳で聞いて再現するのは得意じゃないといけないはずだけど、なぜかほとんどのミュージシャンの日本語はカタコトですよね。その点ナイル氏は立派。

085
15曲くらい演奏したでしょうか、セットリストはたしかすでにダブリン公演のものがBarksに上がっていたと思うのでそちらを見てもらうとして、私の好きなタイプの音楽だったので、気持ちのよい時間を過ごせました。このジャンルでは特に英国だと上手の人がたくさんいるはずなので、頑張ってほしいです。彼の魅力は変に都会ぶらず、率直で正直なところが歌声にも現れていますね。

会場をあとにする際、女子のファンが「途中で眠くなっちゃった」と言っているのを聞きましたが、ワンダイレクションのファンとして来場していたら、全部知らない曲、ジャンルはわりとオフビート、といった公演で興奮を維持するのは大変だったかも知れません。アンコールで1曲だけ1Dの曲を弾き語りで披露しましたが、そのときには会場の空気が一変して、怒号のような女性の「ナイル!ナイル!!」という叫びが響き渡っていました。

バンドメンバーは、ギター、ベース、ドラムス、鍵盤と、バイオリニストで本人含め6人。シンプルです。バイオリンが含まれるのがアイリッシュらしくて、よかった。

会場は、六本木Ex Theater。キャパは2000人くらいでしょうか。バンドメイトのHarryが幕張メッセ(予定)、Zaynがさいたまスーパーアリーナ/横浜アリーナ(結局キャンセルだったが笑)、を押さえたことを考えると異例の小規模会場です。でも、彼のいかにも家でセッションして作りました、という音楽は大アリーナで聴くようなものじゃない気がします。今回の規模は大正解でした。あと、シンプルなバンドサウンドなので、バンドでそのまま再現可能というのが、元1Dメンバーではじめての来日を果たした成功要因かと思います。Zaynなんかだといったんバンド構成に編曲しなおす手間がいるのでしょう。

アメリカのバンドKINGのステージを何度か観て、自宅録音的に自分たちだけで作った音楽だと、自分たちと機材さえあればどこでもライブできるので、小回りがきく。その利点をNiall氏はよくわかってるように思います。



今回21箇所のFlicker Sessionsツアー、欧州3、アジア1、オセアニア1、南米1、残りは北米ですが、アジアの1箇所にバンコクでもなく、シンガポールでもなく日本を選んでくれたのが、私にはうれしかったです。

私は決して1Dファンではないのですが、Zaynのソロプロジェクトとか、DunkirkでのHarryの演技、そしてナイル氏のソロ公演と、イギリスの新しい才能に触れる機会が多く楽しいです。


これは紛れもなくヒット。


066
ちなみに #paulwellerはもうチケットとってある。

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村


マレーシア航空の機内エンタメ

2017_0718_14431600
今回マレーシア航空のビジネスクラスに乗ってみて、食事や機内サービスも良かったのですが、一番魅了されたのが機内エンタメでした!。

KLでトランジット(帰路)

2017_0720_19445900
ボードでゲートや時刻を確認します。

ウラジオストクへの行き方

ウラジオストクへの電子ビザ導入で1週間前に思いついてもウラジオストクへ行けることになり、妙に心が躍ります。

ワンワールドの場合


ワンワールド会員なら、S7航空がNRT-VVOを週4便飛ばしているので、マイルも貯められるし、値段も手ごろです。エコノミーで5万円台、ビジネスで10万円台程度。Qpointは国内線程度しか貯まりませんが、距離的にもそのくらいだし、仕方がないでしょう。

時間は午後発、19時ころ着ですので、VVO着が日暮れ後になってしまうことが懸念点でしょうか。

スカイチームの場合


大韓航空がICN-VVOをデイリーで飛ばしているのでインチョン乗り換えになります。ただし、時間がネックで、ICNを朝の10時発のため、成田の1番早い便でも間に合いません。東京からなら羽田の深夜発を使うのが一番合理的になります。羽田深夜2時台発、5時間のトランジットになります。インチョンなら、5時間程度のトランジットは苦ではありません。VVO着が午後1時台なので、S7と比べて当日から観光できる良さがあります。

帰りは、午後発、3時間のトランジット、23時頃羽田着になります。ウラジオのついでにインチョンで韓国料理を食べて、っていう楽しみがありますね。

問題は価格で、一番安いエコノミー席が5万円台。大韓のスカイパスに貯めている人だと問題ありませんが、この運賃だとアエロフロートボーナスに加算できません。どの運賃だとSUに加算できるかというと、12万円台のほぼ正規エコノミーじゃないとダメ。大韓のエコノミーに12万円払うくらいなら、代理店で15万円程度で売ってるプレステージクラスにしてしまうか、SUへのマイル加算を捨てて5万のエコノミーにするか、もしくはスカイパスに貯めることになるでしょう。

スターアライアンスには興味ないのでパスしますが大韓と同様アシアナがVVOへの定期便を持っています。

その他


オーロラ航空が、S7と同じNRT-VVOを週3便飛ばしています。シップの名前に見慣れないのですが、De Havilland DHC-8-400 Dash 8Q (DH4)ってボンバルディアの一種でしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

bicカメラで卓上ランプを買った



2017_0827_11151700

USB/乾電池 両用電源の卓上ランプが壊れてしまい、BICカメラに買いにいきました。

本当は従来どおりUSB/電池式のが良かったのですが、そういうのは売ってなくて、次善のものを買ってみました。

YAZAWA 蓄電池LEDスタンドライト白 (Y07SDL04W02WH)メーカーサイト 

この卓上ランプは、携帯などと同じUSB Miniから電源供給するようになっているので、ケーブルが断線するなどしても、ケーブルだけ買い換えればさらに使うことができます。

あと、スタンド部分に充電池が入っており、充電してあればケーブルレスでも使うことができます。

このモデル、同じ外観で3モデルがラインアップされていて、

安価モデル 充電機能がない
標準モデル 充電機能つき
上級モデル 充電機能+USBハブ機能つき

となっています。上級モデルはUSBポートがひとつ付いているのでランプとして使いつつ携帯などの充電もできるのが売りのようです。

ただ、何アンペアで給電されるのか不明だったし、0.5A程度だといまどきの機器には充電しづらいだろうと思ったので、標準モデルを選びました。

実際使ってみると、内臓充電池の容量が少ないせいか、意外とケーブルレスで使える時間は少ないです。1時間弱でしょうか。だから非常時向けで、普段はケーブルつけて使うのがいいでしょう。



カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]
[10/21 シゲル&Bill]
[10/20 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア