Home > 記事一覧

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

Paul Wellerを六本木Ex Theaterで

I've almost lost in snow. #paulweller


iyama taroさん(@iyamat)がシェアした投稿 -


なんとカッコいい、カッコいい、以外の言葉が出てこないくらい。とにかくカッコよかったです。

ライブ当日はなんと大雪警報が出た都内。ライブ会場にゆく17時頃には一番ひどい雪(吹雪)で、まるで雪だるまのようになりながら会場へ。六本木駅からEx シアターって距離あるのですよね。

会場についた頃には全身雪まみれ、眼鏡は曇り前が見えず、手はかじかんで感覚が無い。それでチケットを出したり、ドリンク代を用意するのはほとんど手探りでした。

会場に入り、長靴を脱いでロッカーに入れて、持参したライブ用靴を履きました。ドリンクを飲んでやっと人心地です。

開演19時ぴったりに客電が落ちてスタート。1曲PAで流れた後にご本人登場です。そのときなぜか涙が出てしまって、よくライブに行ってるけどそういうことは珍しいです。ロックスターというより、もしかして神・・・?



ステージは、ほとんどMCもなく、ギターを架け替える時間も惜しい、という感じで矢継ぎ早に演奏してくれます。1曲を無駄に引き伸ばしたりせず、どれも3分ほどの曲なので、テンポがいい。過去のヒットも新曲もたっぷり演奏してくれました。

白髪になったのに、無駄な肉もなくシャープなお姿で、きびきびとした様は神々しくもありました。声も良く出ていました。

バンドは若くて、ギターの人以外は30代くらい、息子ほどの歳のバンドと生き生きと演奏するウェらーさん、かっこいい。逆にバンドからしたら30代でPウェラーと同じステージに立つのってめちゃ緊張しそう。

唯一のMCでは、ソロデビューのときにどこも契約してくれなっくて、日本の(ポニーキャニオンが)契約してくれた、お金も出してくれた、と感謝を述べてくれました。有名な話だけど今でもそうしてメンションしてくれるのが嬉しいなと思います。当時、日本もバブル景気だったからできたことかと思います。

客層は他のライブとくらべても、駐在の外国人が多め。ちゃんとスーツを着たドイツ人や英国人のグループや英国人の家族連れ、などが多かった。在日本なのかわからないけれど、中国語を話す若者グループも何組かみかけました。

これまで、ファンというほどではなかったし、The JamもStyle councilも聴いてなかったけど、なんで今まで聴いてなかったんだろう!幸運にもライブ会場で観ることができて、うぇらー信者になりました。



にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

Gabriel Garzón-Montanoを代官山Unitで観た

Today im joining #gabrielgarzonmontano at unit daikanyama.


iyama taroさん(@iyamat)がシェアした投稿 -



とてもいいライブでした。今年(2017)一番。

新アルバムJardin, 旧アルバムBishouneからほとんどの曲を披露したと思います。Sour mangoから始まって2曲目、The Gameでは客席に降りてきて一緒に踊ってくれるサービスも。気さくな隣の兄ちゃんみたいなキャラだな。

Kingなどもそうだけど、自前の機材でトラックを流しつつ歌うというスタイルでドラムスだけがサポートメンバーです。こういう、バンドを組まなくていい演奏スタイルだと身軽なのでツアーしやすそう。コストもかからないし。バンドというスタイルがもう古臭く感じてしまう。

ステージ中盤とアンコールで歌われたスペイン語曲はとてもよかった、アンコールのアカペラは鳥肌ものでした。Youtubeなどでリサーチしたらコロンビアのペトロナマルティーネス、 Petrona Martínezや Totó la Momposinaといった歌手に影響を受けているそう。日本で入手しづらそうだけど今度聴いてみたい。

終演後の物販コーナーではご本人が出てきてくれて、サインも握手もしてくれました。ちょー気さく。JardinのVinylを買ったら、ジーンズの腿の部分でごしごしこすってスリーブを開けてくれたのだけれど、あれがアメリカ人のスリーブの開け方なんでしょうか。面白かった。



にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

PC Thinkpad E420が壊れた

PCが壊れまして、モバイルはあるのでネットができないわけではないのですが、どうもやっぱりやりづらいです。

すぐにでも購入したいのですが、ちょっとバジェットの都合がつかず、もう少し先になりそう。

この、壊れたPCは2012年に新調したものでした。Lenovo のThinkpad. 一番安いモデルで、E420 というもの。

砂嵐と電力不安定な途上国で2年使って、持ち帰ってからさらに3年たっぷり使って、途中からHDDから異音がする状態で使っていました。それが、突然死。愛着もあったので残念です。

6年も劣悪な環境で使えていたのが、4万円台のPCにしては優秀だったと思います。次もThinkpadにするつもり。

Mitskiを恵比寿リキッドルームで観ました。



この人の音楽は、洋楽なのに不思議な和テイストがあるのが面白くて、たとえば、ベースの弾き方が三味線みたいだったり、ときどきステージに正座してベースを弾いてみたり。

ボーカルスタイルは、70年代以降のソウルフルな女性ボーカルの定型、に反していて、皆が皆ソウルフルになる前の女性ボーカル、ジェファーソンエアプレインのグレーススリックをなぜか思い出しました、英語で歌っているのに演歌っぽさも感じるし。

仁王立ちで歌うスタイルもよかった。ジャンルとしては好きなジャンルじゃないのに、ずっと引き込まれたステージでした。なんというキャラ。世界で絶賛されるのも納得です。

客席は熱狂的な在日米人の若者がちらほら見られました。



これは、会場限定、紅白Vinyl。

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

Black Pantherのトレイラーがかっこいい

2018年公開予定の映画、Black Pantherが話題です。

マーベルのアメコミ映画なので、興味が無い人にはなんのこっちゃ、かと思いますが、ここ数年のアメコミ映画実写化ブームにのって、お金をかけた大作が次々作られています。なかでも、このBlack Pantherは主人公と主要キャストがアフリカンアメリカン=黒人で、画期的なアメコミ映画になるようです。

先日映画館でトレイラーを観る機会がありました。



豪華なキャストに加えて、驚いたのが音楽トラックの良さです。未来系のHip Hopを聴かされているような。調べてみたら、なんとKendrick Lamarがプロデューサーとして製作に加わっているようです!

先立ってNetflixで公開されているマーベルのドラマ化、Luke Cageは、やはりハーレムが舞台で主要キャストが黒人キャストであるので、良質な黒人音楽がふんだんに散りばめられていて、そのサウンドトラックもすばらしいデキなのです。



この人を知ったのはLuke Cageがきっかけでした。



Black Panther、映画だけでなくサウンドトラックアルバムもとても楽しみです。

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

マレーシア航空 MH602 シンガポールSIN-クアラルンプールKUL ビジネスクラス

390
391
SIN空港、朝4時半。この時間に空港に到着するために、空港併設のホテルに泊まりました。早すぎますが、エコノミーのカウンターはすでに長蛇の列です。2番カウンター。

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8
11 12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[12/19 きめせく]
[10/20 ま]
[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア