Home > 任期3 > DVDの品揃えが豊富な店

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

DVDの品揃えが豊富な店

日曜日、いい天気だったのでチョルスーにドラマDVDでも冷やかしに行こうかと思って、メトロに乗りました。駅を降りて出口に進むと、おや、いつもと違う風景。

間違えてひと駅前のGafur Gulomで降りてしまいました。

しょうがないので、メトロをもう一度待つのもタルいし、ガンガ(人気レストラン)の前を通ってチョルスまで歩くかと、歩き始めると、ガンガの少し手前に、映画専門店と看板が出ているDVDショップが。

映画・ドラマのDVDを買うつもりだったし、店は店員と会話しなくていい、商品が手に取れるタイプの店だったので、ちょっとひやかしに入ってみました。(ウズベキスタンの多くの店は、商品がカウンターの中にあって、店員に言って見せてもらうパターン)

ロシアドラマの棚を見ていくと、私が欲しくて諦めかけていた、Глухарьの全シリーズがそろってる!うれしくなりました。

他の棚も見てみたけれど、音楽DVDや外国映画の品揃えもよくて、市場で売っているような、PCで再生するタイプのビデオファイルを(インターネットからダウンロードしたものを)ただのDVDに焼いた海賊版じゃなくて、きちんとしたDVDフォーマット(DVDプレイヤーで再生できるやつ)だったです。(まあでも海賊版には違いないのですが)

値段は、市場の海賊版は一枚2500スムですが、一枚10000スムなので割高。でもこの際、欲しかったタイトルだから、大人買いしました。

この店、今後もリピートしてしまいそう。たまには道を間違えてみるものですね。


海賊版には違いないっていうのは、ちょっと説明すると、いかにもきちんとケース入りでDVDのフォーマットで販売しているけれど、実は中のビデオファイルはテレビ番組を録画したもので、その証拠にウクライナのテレビ局のオンスクリーン宣伝がちらほら入っているのです。だから、テレビを録画したものを、誰かがDVDのフォーマットに編集して、DVDに焼いてさも本物のDVDみたいに売ってるんですね。

日本だとそういうのも海賊版にあたるのでしょうが、旧ソ連圏の文化がまだよくわからないので、海賊版と公式版の違いがいったいあるのか、ないのか、わからないってところです。

場所はガンガレストラン前からサーカスと反対方向(ガフルグロム駅方面)へ徒歩でちょっと。進行方向右手です。某ニルバーナチェーンよりずっと品揃えは良いです。
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 4
6 7 8 9 11 12
13 14 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]
[10/21 シゲル&Bill]
[10/20 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア