Home > 任期3 > ロシアのドラマ Глухарь ~Пятницкий ~Карпов

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

ロシアのドラマ Глухарь ~Пятницкий ~Карпов

Карпов(カルポフ)のことを書いたのでちょっと補足。

このドラマはスピンオフのスピンオフみたいなシリーズで、オリジナルになっているのは2009年くらいから放映していたГлухарь(グルハリ)というドラマです。

Глухарьは、警察署を舞台にした刑事モノで、СергейとДенисという仲良しが色々問題を起こしたり事件に巻き込まれたりする、けっこうコメディ色の強いドラマだったみたいです。

このシリーズは、3シーズン全160話も放映されている大ヒットシリーズで、Карповはその中の登場人物の一人でした。主演ではないながら、その圧倒的な存在感で、主演を凌ぐほどの相当な人気が出たようで、WEBをチェックしているとファンサイトとか、YOutubeでは彼の登場人物ばかり集めたビデオがたくさん上がっています。

彼の役は、ちょっと(相当?)ヤクザな警察官の役で、ほどほどに善良な主演2人と比べて、悪役的な役回りなのですが、暴力的で怖いキャラクターで、若くも無いしハンサムでもないКарповがこんなに人気が出るっていうのは、ロシアのよくわからないところですね。

でも、演じるВладислав котрялскийの尋常じゃない目つきとか、レクター博士を思わせる怪演はたしかに癖になります。

Глухарь が終わったあと、同じПятницкий署を舞台とし、署長役のВиктория Тарасова が主演のПятницкийシリーズがスピンオフとして始まり、その後に満を持して始まったのがКарповです。

Глухарьと比べるとコメディ色は全く薄れてしまって、あくまで暗く、シリアスな展開です。カルポフは、過去の自分のような悪い警官に痛めつけられたり、過去の自分自身の悪行に苦しめられたり、身分を偽って好きな女性と付き合いながら同じく身分を偽った女(自称カルポフの娘)に騙されたり、因果応報のモチーフが散りばめられていて、じつに暗いです。こういうのが人気っていうのは、ロシア人ってけっこう「運命」が好きなのかな。

Глухарьを見ていないとわからない複線があったりするので、全部見たいのですが、ウズベキスタンでは古いドラマのDVDを売ってないし、インターネットで見るのは高すぎるし、いつかロシアに行ったらディスクを買いたいと思ってます。
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/20 Free Android Apps Download]
[11/20 ロレックス偽物]
[11/14 コピーブランド]
[11/14 スーパーコピー]
[11/13 バレンシアガスーパーコピー]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア