忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 任期4 > ロシア語(キリル文字)の筆記体

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ロシア語(キリル文字)の筆記体



ロシア語をちょっと経験した人にはもううんざりするくらいの定番ネタなんだろうけど、改めてそうじゃない人向けに書いてみます。
 
ロシア語の筆記体は厄介。
 
全部繋がって見えて文字の区切りがわからないとか、それも問題なんだけど、もっと厄介なのは、ロシア語の筆記体のいくつかは、英語の筆記体と形が同じで、でも違う文字を表しているという点。
 
たとえば、キリル文字の
д(デー)の筆記体は英語のgの筆記体と同じ
п(ぺー)の筆記体は、英語のn
т(てー)の筆記体は、英語のm
に、それぞれなります。
 
だから、習い始めの時期に手書きしていて、頭では英語のエヌを書いているつもりなのにそれがピーであるとか、頭では英語のピーを書いているのにそれがアールであるとか、それに混乱します。今でも英語を手書きで書こうとすると、ついRをPって書いてしまうので、なるべく英語を手書きしないように努めています。
 
ちょっと表にまとめてみた。



 
それぞれ、同じ形をしているものを同じ色にしてみた。
英語のy(わい)とロシア語のy(うー)
英語のu(ゆー)とロシア語のu(いー)
みたいな、母音は特に混乱しますね。

PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア