Home > 未選択 > キレつづける17歳

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

キレつづける17歳

少し前に、「キレる17歳」とか言って、若い世代の凶暴さが話題になったりしました。
 
で、最近次々と起きる若年層の凶悪犯罪のニュースをみるにつけ、あの17歳はそれからずっとキレ続けているのだな、と思います。
 
個人的にも、都内で電車に乗っているときに、大声でまわりを恫喝しながら歩く若者を見たり、些細なことで若者に挑発されたり、そういうことがこの数ヶ月でありました。今まで都内で電車に乗って何十年になりますが、そういう体験は今まで無かったです。
 
先日電車に乗っていて、そんなに混んでいなかったのですが、私がくしゃみをしたら、近くの若者、小柄でやせた、ザ・オタクって感じの子でしたが、私がくしゃみをしたのを気に入らなかったらしく、次の駅で降りがけに私を殴るような所作をしたのですね、それから電車を降りて、窓の外から中にいる私に向けてまた殴るような所作を見せて、でもそのときにはもうドアが閉まってました。
 
ちなみに、くしゃみが出そうになって咄嗟にハンカチを口に当てたので、自分としては悪いことをしたつもりもないし、距離があったので「くしゃみをひっかけた」という状況ではなかったです。
 
抗議したり挑発したりするならツカツカっと寄ってきて目の前でするものだと思うんですが、電車を降りがけにちょっと離れたところから挑発してくるところとか、すっごく「奇妙」だと思いました。
 
私のほうがかなり年上で、体格も大きかったので、自分がその立場だったら、ちょっとむかついても我慢すると思うし、何より、他人のくしゃみなんて、ちょっとむかついてもいちいち抗議するようなことじゃない、そうやって折り合いをつけるのが人間界だと思います。
 
でも、そういう他人への許容とか、敬意、警戒っていうのをまったく感じなかったので、どうもウスキミの悪い体験でした。
 
それで、なんだかインターネットで知らない人同士が、罵りあったり侮辱しあったりする距離感みたいだなぁと思いました。
 
インターネットで他人とつき合いをするときに、特に知らない人に対してはひどく無礼な態度を取る人がいるらしいのは、目にします。
 
私はネットネイティブ世代じゃないので、ぎりぎり対面中心の人間関係というのを体験していて、その後に補完的にネットのコミュニケーションを利用しはじめた世代です。だから基本的に対面の人間関係で言わない、いえないようなことはインターネットでも言わないように決めているのですが、子供のころから自分のメールアドレスなりLINEアカウントがある人たちだと、対面コミュニケーションを経験してなくて、まずインターネットのお付き合いありきで、その補完として対面コミュニケーションがある人もいるのだな、と考えることがあります。
 
そうなると、対面コミュニケーションでもインターネットのときみたいに直接的な態度になったり、平気で人を侮辱したり、するようになるのかも。もし、そうだとしたら、これからの社会はすっごい大変なことになるでしょうね。
 

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[12/15 replique bague bulgari b zero]
[12/01 コピー専門店]
[11/30 スーパーコピー]
[11/29 時計ブランドコピー]
[11/29 ルイヴィトン偽物]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア