忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 2017_Moscow > ロシアビザの申請に行く

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ロシアビザの申請に行く

ロシアビザの申請へ行く

Point Blur_May052017_121141これがお控えです。


最寄駅は神谷町です。徒歩5分くらい。

ロシア大使館は立派な建物ですが、まわりには機動隊のバスが3‐4台用意されていて、ものものしい警備がされています。

領事部入り口を入って、右がビザセクションとのことで、細い通路を通ってゆきます。




中に入ると10人ほどの人が待っていました。整理券を取ると6人待ちと表示が。10分ほどで順番がきます。

係員は日本語が堪能なロシア人職員です。ロシア大使館員というと不愛想なんだろうな、と思っていましたが、親切そうな好青年でした。

パスポートと写真を貼付した申請用紙、バウチャーを渡すと、「受け取りはいつにしますか」と聞かれ、特に急がない旨伝えると5/19になりました。13営業日ということになります。

何か聞かれるかなと身構えていたのですが、まったく呆気なく、1分以内で手続き終わりでした。

キャッシャーで控えの紙を貰っておわります。支払いはありません。無料です。

私の前に手続きしていた人が翌日受け取りで\10,000払っていましたが、私は2週間以上後の受け取りなので無料でした。手続き料を取る国も多いとおもいますが良心的だと思います。

ロシアビザ代行業が多いですが、そういうところの職員らしき人が10冊ほどのパスポートを持ってきていたのが印象的でした。今回私はバウチャー代と書類の印刷、交通費で2000円以内で取得できたので、けっこういい商売なんでしょうね。

ちなみに日本の祝日でしたが、営業していました。領事部は土日とロシアの休日が休みになるので、日本の祝日は営業のようです。

ロシアビザ面倒、と思っていましたが、4000円払えば4-5営業日で受け取りができるようだし、10日前くらいに思い立ってもすぐに手続きしてお金を払えば旅行できてしまうので、ウラジヴォストクもそんなに遠くないでしょうか!最悪1万円払うと翌日受け取りできるようですし。S7航空のビジネスクラスはそんなに高くないし。

ついでに増上寺と東京タワーを観光してきました。ちょうどこいのぼりの季節。

DSC_0013
PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア