Home > 2017_Qingdao > KE706 成田NRTーソウルICN エコノミークラス

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

KE706 成田NRTーソウルICN エコノミークラス

119朝7時半、成田空港第1ターミナル。

いつもワンワールド中心に乗っているので第1ターミナルに来ることが珍しいです。前回乗ったのは2014年のアエロフロートですから、3年ぶり。第1ターミナルというとフードコートにタイ料理があったり、いろいろと普段しないアクティビティを楽しみたいところですが、時間も時間、早朝すぎてレストランも開いていません。KE706便は9:25成田発、成田発便のなかでもほぼ一番早い便なのでした。



夏の旅行だし、と思ってTシャツしか持ってこなかったところ、小雨がぱらつく成田周辺は寒くて、Tシャツでは居られませんでした。7時から開いていた無印ショップでパーカーを購入。今回の旅行中ずっと羽織っておりました。

大韓航空もシステムとしてはウェブチェックインが提供されていますが、私の購入状況からウェブチェックイン不可、となっていました。クレジットカードで購入したので、チェックインカウンターでクレジットカードの本人確認が必要である、とのこと。いつも利用するQR、MH、CXなどではそういうことはないので、KE独自の要件です。いまどき、クレジットカード以外で買う人いるの?と思わざるをえないですが、大韓航空っていろいろ他社とは毛色が違うように思います。

IMG_20170918_123853チェックインカウンターは90分前でほどよく行列ができていましたが、10分程度でカウンターまでたどりつきました。ソウルまでは、インチョンの乗り継ぎが短いので、という理由で前方キャビン通路側がアサインされました。ソウルから先は窓際を希望して窓際をアサインされました。乗り継ぎ時間を気にしてくださるのは好印象。クレジットカード云々については、書類にサインする必要がありました。これで復路に関してはウェブチェックインできるようです。

必要な買い物もしたし、何より飛行時間が短いので何もストレスなく搭乗に望みます。ドーハまで12時間、となるといつも身構えるのですが、2時間程度っていうのがいいです。自動化ゲートからさらっと通過。

125126第1ターミナルは待合室から機材が目の前に見えるのがいいですね。

この時間ソウル行きとチェジュ行き、2便のKEがあるようで、喫煙所でもハングルがよく聞こえてきました。

ドトールコーヒーでサンドイッチを買って食べるくらいの余裕ある待ち時間でした。

特に優先搭乗なども関係ないので、ゆっくり待ちます。9時すぎに搭乗、定刻にテイクオフしました。機材は777-200ER、3人がけですが最後列は2人がけになっていて、その通路側です。隣は日本人女性。

058二時間なので忙しく機内サービス。アルコール類はビールのみ。日本ビールや韓国ビール3種類から選べました。機内食は親子丼風。コンプリメンタリーでコチュジャンをもらいます。アシアナ航空でもそうなのですが、コチュジャンをもらって混ぜて食べるとちょうどいい感じの薄味の機内食です。このコチュジャン、美味だったので帰国後に日本で売ってるコチュジャンを買ってみましたが辛味が足らず、甘みが強すぎて駄目でした。機内で提供されるものが辛味、塩、甘みのバランスがちょうどよくて好きなのです。5本セットで機内販売もされているので、今度は購入してみようかな。

139にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア