Home > MUSIC > ベック 日本武道館公演を観た

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

ベック 日本武道館公演を観た

PA230001長いキャリアなのに今が絶好調なのは稀有なことです。



一言でいうと、「ベック、絶好調」という感想です。90分の演奏時間、ほとんどBPMの早い曲で客を躍らせて、自分も踊って、声もすごく出ていました。先日のErykah Baduもそうだったですが、長いキャリアを経てレジェンドになったような人が今でも絶好調でいるのは稀有なことです。日本だと40代になっても絶好調だったのって美空ひばりさんくらい?

物販

今まで、物販には目もくれないほうだったのですが、最近は記念にシャツでも買っとこう、と思うようになりました。もう人生も折り返し地点を過ぎているのに。過ぎているから?自分でもこの心境の変化がわかりません。

レコードショップが出店していて、Morning PhaseとColorsのVinylを販売していました。Morning Phaseは持ってるし、カラーズは・・・あまり家でしんみり針を落とすタイプの音楽じゃないので、パス。赤い透明盤で、持ってたら気持ちはいいと思うのですが、¥5,000なので他の盤を5枚買ったほうがコスパよさそう。

開場~コーネリアス

17:30に開場、18:20にコーネリアスが定時に演奏をはじめます。客席はまだ6割ほどの埋まり具合。いい演奏でしたが、客席を巨大なライトで照らす演出が私の目にはまぶしすぎました。終始目をそらして鑑賞。後半はサングラス着用。ファンだったら違った感想だったかも。

定時に開始

19:30、律儀に、定時にBeckのステージがはじまりました。定番のDevil's Haircutからで客を煽ります。開始から40分は過去の定番曲と新譜の曲を織り交ぜて、踊れる曲ばかり繰り出してきます。

セットリスト

開始から40分は過去の定番曲と新譜の曲を織り交ぜて、全部速くて踊れる曲です。20:10くらいでアコースティック、カントリー曲を2曲だけ、その後は終演まで踊れる曲、と、まるで躁状態のようなセットリスト。過去のヒット曲は一通りおさえて、新譜の曲と交互に混ぜた感じでした。

前半戦では、Devils,New Pollution、Guero、新譜からSeventh Heaven , Wow, Im so free, Dreamsなど披露したと思います。後半では、Colors, Up all nightはもちろん、Loserも。アンコールはWhere it's atから、メンバー紹介、One foot in the graveからWhere it's atでエンディング。意外にも、新譜中からはWOWが一番良かった。

カントリーバージョンのコンサートもあるのか

Beckは、ポップなアルバムと、非常に静かでアコースティックなフォーク・カントリーアルバムを出すのが面白いと思うのですが、今回は新譜が非常にポップなので、コンサートを通じてポップな仕上がりでした。場合によってはずっとメローなカントリーコンサートにもなるのでしょうか。

お人柄

天才なのでもっと気難しい感じかと思いきや、メンバーをいじったり、お茶目に踊ってみたりとけっこう、気さくで楽しいお人柄に見えました。

声の調子やバンドの仕上がり

英国のテレビでやったUp all nightのビデオを見たら、あまり歌えてなくて、まだ仕上がってる感じじゃない印象を受けましたが、今回の武道館ライブ、きちんと仕上がっていて、完成度が高かったです。あまり歌をじっくり聴くタイプの歌手じゃないとはいえ、声もよく出ていて、絶好調でした。

演奏時間

演奏時間はアンコール含め90分弱。それでも、1曲の演奏時間が短く多くの曲を演奏したので、短い感じはしませんでした。個人的に1曲をインプロビゼーションで長くするバンドが好きじゃないので。

PA230005

客層

40代の男女中心で、在日外国人も多く来場していました。海外では少し遅れて開演するのが普通なのか、19:30に開演しているのに19:45くらいに来場した客が多かったので気の毒な感じ。

今回のコンサートの意義

日本では10月11日、世界では10月13日に発売されたばかりの新譜、そして、まだテレビライブでさえ2回ほどしかお披露目されていないのに、ロンドンとLAに次いで10月23日にフルライブを東京で開いてくれたBeck, これは贔屓目に見ても日本を特別扱いしてくれていると思います。しかも、未完成な状態ではなくきちんと仕上がったライブを見せてくれました。これはすごいこと。

アンコールの最後で「See You next year(また来年会いましょう)」と言っていたのですが、来年は世界ツアーの一環でまた来てくれるのでしょうか。もしもそうなら必ずまた行きたいです。

渋谷

そういえば、カラーズ演奏前のMCで、東京のカラーズ、渋谷のカラーズ、と言っていて、渋谷好きなんだろうな、と思いました。インスタグラムでも東京で遊ぶ様子が次々ポストされているし、なぜか町田のタワーレコードで自分の新譜コーナーで自撮りしていました。なんで町田?

PA240007_1
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
14 19
24 25 26 27
28 29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[12/19 きめせく]
[10/20 ま]
[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア