忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 未選択 > 運送人の責任

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

運送人の責任

ネットワーク責任制
Network Liability

複合輸送における運送人の責任について。

複合輸送にて、貨物を輸送中に、商業過失にて貨物に損害が発生した場合には、陸海空の誰が責任を取るでしょうか。ここでは、各運送手段による責任の取り方の規定に則り、運送人が責任を取ります。それぞれの強制法とはなんでしょうか?海上輸送ならヘーグルール、航空輸送ならワルソー条約、陸上輸送ならCMR条約やCIM条約です。ただし、どの区間で発生したものか不明なもの(Concealed Damage)の場合には、海上区間での損害として取り扱います。

タイタニック号のケースのように、航海上の問題があり貨物に損害が出た場合には、ヘーグウィズビールール等により、運送人は免責となります。従って、輸出者や輸入者が貨物保険を掛けることが望ましい。船会社が有責となるのは、上に書いたように商業過失、つまり人的ミス等になりますが、その場合にも全て賠償するわけではなく、限定的に賠償する必要があります。(ヘーグルール)

商業過失があった場合の運送人の賠償金額
海上貨物
666.67SDR/Packet, または2SDR/Kgのうち、荷主に有利な方。
航空貨物
17SDR/Kg
圧倒的に航空貨物は高価なので、8.5倍の違いがあります。
なお、SDRとはspecial drawing rightのことで、為替変動の影響を受けない架空の貨幣単位だそうです。



PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア