Home > 任期2 > ウズベキスタンの協力隊員の月々の生活費は

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

ウズベキスタンの協力隊員の月々の生活費は

ウズベキスタンの協力隊員の月々の生活費、$330.これで足りるかというと、微妙です。かなりのやり繰りを求められるものと思います。

私は月々、公共料金(電気ガス等)に$40と、ロシア語のレッスンに$56ドル相当を払っているので、$7.8/日が日々の生活費になります。公共料金は、全部または一部家賃に含まれているアパートと含まれていないアパートがあるので、隊員によって個人差があるようです。

今、公定レートで2050スム/$1になるので、約16000スムが日々の生活費で、そこから・・・


職場への交通費 2800スム
タバコ 1600スム
朝食(ソーセージパン) 1000スム
お昼代(同僚と外食) 6000スム
※だいたいボルシチとパン

を除いて、4600スムが日々の夕食費になります。そうなると、小瓶ビール(2000スム)、インスタントラーメン(900スム)、卵一個(300スム)、で、ラーメンにカプースタ(キャベツの漬物)と卵を落として入れるくらいがせいぜい、もしくは、ラヴァッシュ一個(6000スム)でちょっとオーバーするくらい。

だいたい夕食はハムとパン、ラヴァッシュ、インスタント麺で済ましているか、ビールだけ飲んで寝ちゃうパターンが多いです。

もう少し生活の質を上げるとすると、ロシア語のレッスンをやめるか、公共料金込みのアパートに引っ越すか・・・、でも、そのどちらともしたとしても、せいぜい23000スム/日くらいなので、毎日外食ができるほど生活の質が上がるわけじゃない、って考えると、別に今のままでもいい気がする。

現地で支給される生活費以外に、日本の預金を使っても全然構わないと思ってるのですが、日本の銀行からウズベキスタンの口座に送金って、きちんとできるのでしょうか?あまり、送金している話を聞かないのと、送金に関していろいろ変な話も聞くので、失敗したときのリスクを取れなくて、いまだに送金ってしたことがありません。

たとえ、お金があったらきちんと料理するかというと、ちゃんとバザールに買出しにゆく時間がないうえに、キッチンがあまりにも貧弱なうえ、よく停電したりするので、たとえば塊肉を買ってきてきれいに切り分けて冷凍したり、手間と時間をかけて調理したり、する気力がどうもありません。日本では完全に自炊していたので嫌いではないのに。

じゃあキッチンウェアをちゃんとそろえたらいいんじゃないの?とも思うのですが、なにかと現金の調達が大変なんですってば!

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/20 Free Android Apps Download]
[11/20 ロレックス偽物]
[11/14 コピーブランド]
[11/14 スーパーコピー]
[11/13 バレンシアガスーパーコピー]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア