Home > 任期2 > 撮影してあげた

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

撮影してあげた


末永くお幸せに。

うららかな初夏の気候。タシケントの日本庭園は、とても平和だった。



同僚が結婚するにあたって、二人のなれそめムービーを作りたいので、あんたのカメラちゃんで撮ってほしいんだよね、と相談されたのが先週で、日曜日に即席カメラマンをしてきた。日本庭園で待ち合わせて、300枚近い写真を撮った。

主役の二人は、山ほどの小道具と着替えを抱えてやってきた。テニスのラケット、青りんご、花束、リング、などなど。花嫁の写真を撮影する新郎の姿、とか、相合傘をして何かをみて笑っているふたり、とか、待ち合わせに遅れてやきもきする新郎、などのテーマに沿って、二人があまりにもオーバーにポーズを取るので、笑った。

花嫁は4回もお着替え。新郎も、オイベックの交差点のど真ん中(日本なら銀座)でTシャツを脱いでワイシャツに着替える等、アクロバティックだった。

モデルが美男美女なので、どこで撮っても綺麗に決まって、我ながらよい写真が撮れたと思う。ここで公開できないのが残念(なので、差し支えのないものだけ小出しする)。



帰宅して、少々アンダー気味な写真の露出を上げながら思ったのだけれど、光に強い日本人の黒い瞳と比べて、コーカソイドの瞳は光に弱いはずなので、ちょっと日本人から見てアンダー(暗め)のほうが、彼らには丁度いいのかな、などと思った。部屋の明るさも、西洋人向けの空間は我々日本人には暗すぎたりするので、同じ論理で写真や映画なども少々暗いくらいが丁度いいの?



彼らは、新郎は薄いブラウンの瞳だし、花嫁は青い瞳なので、あまり明るいトーンを好まないかも知れない。


「待ってェ」 「きゃはははァ」

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]
[10/21 シゲル&Bill]
[10/20 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア