Home > 任期2 > マンジパンジ

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

マンジパンジ

マンジパンジ

時々訪ねる酒屋のおじさんは、見た目は西洋人ではないんだけど、ウズベク語もわからなくて、ロシア語Onlyなので、何人なのかな、などと思っていましたが、昨日買い物をしたときに「マンジパンジ」「まんじぱんじ?」「タジク語で5500ね、ははは」と言われて、タジク人だとわかりました。

タジク人という人たちは、ウズベキスタンにも多く住んでいます。地図で言うと少し下のイランあたりが出自の、ペルシャ系オアシス定住型民族で、テュルクが来る前の紀元前あたりから、ソグド人と呼ばれこのあたりのオアシスに住んでいたそうです。ですから、トルコ語に似ているウズベク語と異なり、タジク語はペルシャ語に似ています。

それ以来、テュルクと混ざり、モンゴルと混ざり、帝政ロシアがやってきて、独立して、かれこれ2000年くらいもの間彼らはこの地に住んでいることになりますが、今でも言語的にテュルク化せずに、家庭内でタジク語を使う家庭も少なくないと聞きます。学校教育はタジク語では行われていません。

タシケントではあまり目立たないタジク系住民ですが、サマルカンドだと、ストリートで通じる言語はタジク語のほうが多いとのことで、ウズベキスタンの多民族っぷりを感じることができると思います。そういえば、5はタジク語でパンジですが、インドでもパンチでした。なるほど、そういう関係なのですね。そういえばインドはドラヴィダ人の土地にアーリア人が流入して今の人々ができていますが、そのアーリア人こそがペルシャ人でした。

コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア