忍者ブログ
Home > 2014旅行

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

羽目をはずす美形たち



隣の部屋のうるさい若者たちだけど、2泊3泊するうちに次第に顔あわせば軽い挨拶くらいするようになって、よく見てみたらやっぱり若い、たぶん大学卒業したてくらい。そして6人みんな美形。男の子も女の子も、モデルさんの団体ですか?みたいな。

そもそもオタク系の子とかこじらせてる子たちはなかなかビーチリゾート来ましょうなんて思わないだろうから、青春を謳歌してる子たちが集まるのはごく自然なことだね、などと思う。

うるさいなぁと思いつつも顔をあわせれば笑顔で挨拶してくれるようになると情が沸くのかあまり腹もたたないのは不思議な人間の気持ちです。

やっぱり言葉がわからないのだけれど、ときどきドイツ語らしく聞こえるときがあるのでやっぱりオランダじゃないかと思う。(まだ聞いてもいない)皆長身だし。

ビールもマリファナも決めてからバイク連ねてどっか行って朝帰ってくる子たちだけど、体中にいれずみ入れて50近くなってコンビニの前でうんこ座りしてだべってる定住外国人とか、置屋から連れ出したタイの娘に先進国の説教してるような定住外国人にくらべたら、ぜんぜん崩れてないしシャンとしてるよね。

きっとこうやって羽目をはずしたのを思いでにこれから就職したりするのだろうなぁ。しみじみ。
PR

ぶたご飯に感動する



グループ旅行のうるさい子たちは、てっきりフルムーンパーティに行くと思ってたのに、ちゃんと残って私設フルムーンパーティやってるようです。スペイン語、フラ、ドイツ、ロシア語、諸スラヴ語とも違う言語なんだけど、どこだろう。ハンガリーとか、南アフリカのオランダ語?マナーはかなり悪いので、あまり民度の高いヨーロッパじゃなさそう。

タイ人の家族連れがやってきて、一番高い部屋に陣取ったので、その国籍不明の彼らがやっぱり凝視してたけど、タイも豊かな層がそうやって外国人がしていたような遊びをするようになったのね。アジア人ひとりでアウェイだと思ってたけど、そういう風にバランスがとれる。

タイランドの物価上昇はやっぱり、確実みたいで、昔は500バーツ札は滅多に使えなかったんだけど、今はふつうに500を毎回使ってて、1000バーツを予備に持ってる感じだ。だから肌感覚では二倍くらい?

ところで、サムイ島みたいに使い古されたリゾート?に今更来るのなんでだろ、と自分でも思ってたけど、静かなビーチも見つかったし、手頃なホテルも見つけたし、近くにおいしい豚ご飯の店があり、やすいので、しあわせ。そうやって次にまた来ようと思えるなら来てよかったかも。

豚ご飯てゆうのわ、角煮に似てるけど豚足を皮ごとじっくり飴色に煮込んだものがご飯にかかっていて、東南アジアの料理って感じ。まったく油ぽくなくて、うまい。

異国のテレビとかセパタクロー



異国のテレビは好きなので気づくとずっと見ていたりします。

今日はセパタクロウの世界大会タイ対韓国戦やってました。さすがタイランド。

せぱ拓郎てゆうのわ、カゴを足で蹴ったりするけっこう激しいスポオツ。バック転みたいな動きが多いからかスリムな人のスポーツのようです。

あと、CMを見てると、セメントのCMとか、肥料のCM(これを使うと穀物とれすぎちゃって大変!みたいなノリ)が多く、やっぱりこの国、工業というより農業国なのだな、と思います。

サムイ島を開拓した人たち

引き続きビーチにいます。

といっても日焼けしたいわけじゃないし、そんなにビーチには出てなくて、部屋でタバコ吸ってたりします。笑

今日はフルムーンパーティなんだそう。えっと、フルムーンパーティてゆうのわ、隣のパンガン島で行われる、バケツで酒飲んだり何か吸ったりしながら、夜から朝まで爆音で踊りまくるパーティだそうです。詳しくは知りません。だから先日の船は混んでいたんですね。満月ということは月に一度か二度だから、そのために本国から日付あわせてやってくるんでしょうか。すごいね。

サムイ島からも次々に若者たちが船に乗ってパンガンへ向かっています。

と、いうことは、

今夜のサムイ島はほぼ無人で、ビーチが空いているのではないか、写真撮りまくれるかな。

この島、人口の半分以上はヨーロッパ人なのじゃないかな。もともと、ただの漁村で人もそんなに住んでいなかったのだろうが、今は観光客とそれをサポートする業種の人たちがおもに住んでいるのだと思います。

欧州人(またはアメリカ人?)が、何十年くらいかけてこの島をザ・俺たちの島に開発してきたのか、知りませんが、はじめは大変だったのだろうなあ。

アジアのおもな観光地に中国人たちがどんどん訪れるようになって久しいと思うけれど、サムイ島はまだそんなでもないです。たまに中国語も聞くけど、彼らはなかでもハイセンスな人たちなのでしょう。

それだけに欧米人向けのレストランやホテルに入ったときの、「あなたが何故ここに?」感はまだあるけど、それも理解できるので特にどうこう思いません。悪気はないのだと思います。

島に来てから、滅多にカメラ使わなくなりました。みんな裸で手ぶらで歩いてるのに、でっかい一眼もってあるいてるの、恥ずかしくて!私も小心だなあ。


欧州人に混じりのんびりしてます



夜の海に入ってきました。気持ちよかった!

向かいにどっかのヨーロッパ人のグループが泊まってて、大声出したり音楽かけたりしてうるさいですが、無視しています。(私が部屋から出てくるとぎょっとして凝視するのやめてほしいけど)

たぶんアジア慣れもしてない若い学生のグループなんだと思います。まあそういう価格帯のところに泊まる私も私なので。

チャウエンビーチに比べたらだいぶ人が少ないバンラクビーチだけど、ほとんどがヨーロッパのグループ旅行者か家族旅行者なので、アジア人がひとりでフラフラしてると、浮きます。

それに、完全にヨーロッパ人しかいない空間だと、日本人宿みたいに、結構貴重品管理がおろそかになったりすることあると思うんだけど(けっこう部屋開けっ放しの人が多い)、そういう空間にアジア人が混ざると、セキュリティ大丈夫かしら、と思いはじめる人もいるんじゃないかな。

別に遠慮する必要ないんだけどちょっと遠慮してしまってビーチも人気のない場所を選んでいます。ビーチリゾートはやっぱり一人で来るものじゃないな!

あと、一人だと貴重品管理の必要があるから、常に防水貴重品ケースを持ってないといけなくて、気軽に泳いだりできないし、今回はカメラ持参なので、カメラを部屋に残すのもちょっと、気が引けるし、ってところです。

もし、サムイ島じゃなくてもっと過疎の島だったりすると、治安ももう少しいいだろうし、カモイ(泥棒)の心配も減るのかと思いますね。

次は、

やすいカメラ持参
治安のいい島
同行者


ビーチ続報

一晩眠って元気になりました。

先にも書きましたが静かなビーチを見つけたので移ってきました。

あと、帰国まで泊まる場所といる場所をだいだい決めました。

もう旅が終盤のせいかけっこうお金使ってます。

ビーチリゾートだとお金使ってなんぼみたいな気もするし、節約できる場所で節約して使うとこでは気前よく使えばバランス良いかもとか思って。

使うっていっても一日3000円くらいなんですけどね。

昔、長く旅行していたときはまだ先が長いからと思って、常に節約していて、お金を使うべきような場所でも使わずに我慢したり、それが嫌なのであえてリゾートチックな場所は避けたりしていたけど、今回はそんな風にストイックにならなくていい。

明日はビーチでのんびりするぞ!

タイあたりのLCCとか



今回の旅行で、SCOOT, AIR ASIA, NOK AIRに乗ったことで、けっこうこれまでに乗ったLCC増えました。

JETSTAR
→客席乗務員が男性、コンビニ店員みたい
春秋航空
→座席が狭い、あとリクライニングしないです
→客と航空会社のトラブル多い
SCOOT
→至ってふつう。シートピッチは青色だと狭いはず、だけど私には丁度よかった
→サービスは洗練されてない(乗務員が客にぶつかってくること3名4回)
AIR ASIA
→洗練されてる
NOK AIR
→洗練されてる
→水とパンのサービスあり
香港航空(fccだけど価格はlccなみ)
→当然機内食つきけっこう美味しい

この中では火付け役のAIR ASIAがやっぱり色々スマートでさすが、と思いました。

NOK AIRも、タイ航空子会社なのでサービスは色々洗練されていて、良かったです。ただ、携帯サイトの作り込みとか、格安プランが売り切れてることが多いのが、ちょっと残念。

逆にちょっとダメだなと思うのが、窓口さばきが悪くて、乗務員が何度もケツどんするSCOOTと、客のマナーが悪くて1時間半離陸が遅れた春秋航空でした。

LCCのシートピッチ(座席の広さ)って一概に狭いと言われているけど、私は中肉中背のアジア人なので、けっこう、狭い座席でも快適です。こういうとき、大柄じゃなくて良かったと思います。

先日乗った夜行バスも、座席がフルフラットまでいかないまでも、ハーフフラットくらいになるので、快適でした。大柄な人だとあれでも窮屈なんだろうなと思うと、ヨーロッパ人のアジア旅行って大変ね。あ、そういう苦労するのがまた修行みたいで楽しいのかな。

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア