忍者ブログ
Home > 未選択

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コーヒーとたばこ、アルコール駄目だって

暫く書いてませんでした。特に忙しかったわけでもなくて、hulu.jpでテレビドラマ見たりしていて、面倒だから書かなくていいやー、みたいな日々が続いていました。
 
でも、テレビドラマって完全にインプットの刺激しかなくて、アウトプットはしないから、インプットばかりに偏るのもあまり良くないな、と反省したりも。
 
体調があまり良くない話を書きました。結局、胃カメラと大腸の内視鏡検査、ピロリ菌の検査をしたりして、逆流性食道炎と慢性胃炎以外は特に何も問題なかったのです。
 
でも慢性的な吐き気は続いてて、薬を試すことになったのですが、幸い胃酸を抑える薬が合って、それを一日一錠飲むだけで吐き気が治りました。結果的には、胃酸の出すぎで時々逆流したりするせいで吐き気が起きていたようです。


 
それで、薬を貰ってきたんですが、お医者さんいわく、
 
「生活を改めないと一生のみ続けることになりますからね~」
 
結構きついことをさらっと仰っていました。
 
私の場合、主に気持ち悪くなるときは、
 
コーヒー
たばこ
アルコール
大食い
 
なのです。つまりそれらを控えれば胃酸出すぎにならないということ。
 
しかし、コーヒー、たばこ、アルコールって、私の嗜好品の全てじゃないですか!
 
アルコールは欠かせないし、たばこを吸うためにコーヒーを注文する生活なのです。これらを控えるのは、きびしー。
 
譲歩して、アルコールはビールだけにするとか、タバコはセブンスターから1mgにするとか、コーヒーはやめてノンカフェインドリンクにするとか、そういう工夫が必要になりそうです。
 
好きなものを食べ過ぎてアレルギーになってしまうようなものだと思って、我慢しないといけないんでしょうね。
 

PR

ローラニーロ



ふたつの - 流れは途絶える
私が泣くと愛してくれないあなた
さよならを言わねば
さよならを言いたくない
さよならあなた
殿方よ
私はファンキーなブルースでずぶ濡れだ
なんと - か弱い敗北か
私は 私は死にたい
私が泣くと愛してくれないあなた
私に駆け引きの喜びを与えてくれた
私に信じさせた あなたがいなくても待つように
私は盲目のブルースでずぶ濡れだ
ルビーと煙のわっか
ありえない あなた やめて
私は行く 私は行かない
この涙に暮れる日々に
この涙に暮れる日々に
この涙に暮れる日々に

胃腸は健康でした

1月20日
 
胃カメラのために、昨日の朝空っぽにした消化管ですが、17時に24時間ぶりに食べました。
 
じつは、まったく空っぽの消化管を一食が通過するのは何時間かかるか、っていうのも前から知りたいと思っていたので、今回こういう機会に検証できてよかったです。結果は24時間でした。長い!
 
どうも、暫く食べ物を摂取してなくて再度食べたときには、体内に留まる時間とか吸収効率は普段より長い(良い)のだと思われます。
 
胃カメラの結果を聞きにいきました。吐き気と下血について。
 
逆流性食道炎と慢性胃炎が確認されたそうです。ただ、これが私の吐き気(実際には嘔吐しないカラ嘔吐)の原因とは考えられないそうです。なぜなら胃炎が原因なら実際に嘔吐するはずだから、とのこと。潰瘍や腫瘍、癌は無いそうです。
 
下血については形跡が見られないので何か食べ物と間違えたのでしょうと言われました。
 
結局のところ吐き気の原因ははっきりとはわからず、「目や耳、鼻や脳、心因などいろんな可能性が考えられる」とのことでした。確かに、他のいくつかの症状とあわせての診断ならできるだろうけど、一日数回の吐き気だけで診断するのは難しいんでしょうね。でも自分としては原因不明で吐き気が続くより、はっきり原因がわかってくれたほうが良かったな。
 
下血は言われてみたらヲッカをたくさん飲んでいたタシケント時代が最後で、それ以降は覚えていないのでもう治癒してしまったのかも知れません。
 
ナウゼリンという吐き気止めでは治らなかったので、今回ネキシウムという胃酸を抑える薬をもらっています。これで吐き気がおさまったら胃酸の出すぎが原因かも、とのことでした。ピロリ菌に関しては検査を薦められたので血液検査をお願いしてきました。
 
午前に病院へいってジムへ行ったのですが、1ヵ月、食事制限と有酸素運動をした結果を測定してみました。
 
なんと、筋肉2キロ減、体脂肪1キロ増で、1キロ減量してました。駄目じゃーーん!本来は筋肉を維持して脂肪を減らしたかった。
 
おかしいな、やり方は間違ってなかったはずなのに、まったく期待はずれ。失敗です。
 
でも、筋肉2キロも減ってるから、体の組成がかなりゴリゴリ変わったのは確かなんですよ。こういう変わり方を望んでなかっただけで。1ヵ月がまったく無駄になって、ほんっとうに失意のどん底です。もう暫くジムに行きたくない。
 
ちなみに、励ましのメッセージみたいなものは、かえって落ち込むのでやめて下さい。

胃カメラと大腸内視鏡してきました

1月19日
 
胃カメラ+大腸内視鏡受けてきました。簡単にいうと口とお尻からカメラ入れて写真撮る検査ってことになります。検査中は鎮静剤でうたた寝していて、違和感も痛みもなく気づいたら終わってました。拍子抜け。結果は特に深刻な異常はなかったです。逆流性食道炎と慢性胃炎はあったそうです。
 
検査の前日は21時まで何でも食べていいのですが、消化の悪いものは避けます。蕎麦、根菜類(ごぼう、れんこん)、菜っ葉類、海草類(ひじき、わかめ)、種のあるもの(ごま、キウイ、いちご)、揚げ物などが駄目。逆に推奨されているものは、うどん、パン、プリン、豆腐、バナナなどでした。
 
たしかに、海草とかゴマとか豆類って、ときどき便に混ざって出てくるので、納得。
 
検査当日は、水、お茶以外の摂取はできず、モビプレップという下剤を1リットル+500MLのお茶を飲みます。下剤を飲み始めて10分後くらいから、じゃんじゃん水便が出てきたので面白かったです。たぶん10回くらいトイレに行きました。最後にはただの水が数回出て、消化管の洗浄が完了。下剤を飲んだとはいえ消化のいいものなら12時間で排せつできるんですねぇ。
 
疲れたのでちょっと昼寝して検査を待ちます。
 
病院についたらディスポパンツという、お尻にスリットの入った使い捨てパンツに着替えます。大腸内視鏡用。
 
台車に乗せられて、生理食塩水の点滴をします。それから、看護士さんの指示で喉の麻酔をします。ゼリー状でのどに留まる麻酔と、スプレー麻酔の二段階でした。暫くすると喉の感覚がなくなるのがわかります。
 
喉の麻酔がきいたら検査室へ。口にマウスピースを入れられて、点滴に鎮静剤を注射されます。そこから意識が半覚醒へ。喉にカメラが入ってきたのはわかりましたが、喉麻酔のせいでまったく無感覚でした。
 
目の前の液晶テレビで自分の喉の中が見えているのに、鎮静剤の効き目で殆ど見られず、残念。
 
気づいたら胃カメラが終わってお尻カメラが始まっていました。こっちは、ちょっと下腹部にひきつれるような感覚が一瞬ありましたが、やっぱり鎮静剤のせいか、殆ど無感覚でした。ちょっと目が覚めたときに鮮明な大腸の画像が見えて、へぇー、と思いました。途中、うまく曲がらない場所があったようで、ちょっと体位変えてください、といわれ仰向けになったりしたのは覚えています。
 
胃カメラと大腸あわせて45分くらいで終わっていて、耳元で「終わりました」といわれ、検査室を出てから休憩室で1時間ほど眠りました。
 
3時前に開始して、4時半頃には完了して、料金は保険適用で約9000円かかりました。検査後の違和感も特になし。鎮静剤が残っていて少しふらふらするだけでした。

なんで選挙行くの?

1月17日その3
 
この前選挙があったみたいだけど投票しませんでした。
 
今までも、投票に行ったり行かなかったりしていて、民主主義に反しているかな、と思うのですが、ずっと投票の意義がわからないんです。
 
政治のせいで、以前は良い社会だったけど、最近悪くなったとか、逆に以前は悪かったけど、最近良くなったという経験がもしも、あれば投票に行っていたのではないかと思うのですが、正直、学校を卒業してから40歳の今までずーっと低調な人生で、その間与党が変わったりもしたけれど自分の人生には全然影響は無かったし、それがたとえば共産、自民、民主みたいな選択肢が示されている中でどれに投票したら自分の人生に影響するのか、何かが良くなるのか、わからない。社会的地位が高い人とか、財産がいっぱいある人以外には、だれに投票してもあまり意味が無いんじゃないの?とさえ思っています。
 
もし、ロスジェネっていうのか、団塊の世代Jrで、非正規雇用しかされたことない人「だけ」の政党みたいなものがあれば、共感して投票するようになるのかなぁ。でも今の政党って、プロの政治やさんの政党しかないんですよね。
 

ハリウッドでインド系米人俳優の進出

1月17日その2
 
最近数年のハリウッドのドラマを見ていて、インド系アメリカ人の俳優がかなり進出しているんだなぁとわかりました。
 
白人(ユダヤ系が多い)、黒人の俳優、その次くらいにヒスパニック系の俳優はもうかなり普通に見られるようになってると思うのですが、それ以外のアジア人の俳優って今まではたいてい、ちょい役で、人種差別的な(英語がわからない、習慣が変)役でちょっと出てくるのが普通だったと思います。
 
でも、最近見たドラマ、どれもかなりのヒット作ですが『The Office』『Big Bang Theory』『House MD』では、どれも主役級でインド系アメリカ人の俳優が出ているのです。特にThe Officeに出ていたMindy Kalingは女性ながらプロデューサーも勤め、ただの俳優以上の活躍をしています。
 
自分では、白人、黒人、ヒスパニックの次には中国系アメリカ人が来るだろうと予測していたのですが(実際にかなりの中華系アメリカ人俳優は存在していると思いますが)、インド系のほうが先にメジャーになった(とおもわれる)のは意外でした。スラムドッグミリオネアのDev Patelみたいに作品が世界的な賞を取ると評価が変わってくるのかな。それとも言語の問題か、単に観客の評価の問題なのか。

耳は閉じることができない

1月17日
 
今日はずっと体調が悪かった。
 
ちょっと食べない時間が長くて、昨日夕食を抜いて今日も朝抜いて昼を軽めにしたからか、ずっと身体がだるくて、何度か吐き気がありました。運動もしてたんだけど気分が悪くなってきたので途中でやめた。そういうことは初めてでした。あさって胃カメラなのであまり心配はしてません。早く悪いところを特定してちゃっちゃと直したい。
 
コーヒー屋さんに座っていると、右からも左からも誰かの噂話・悪口が聞こえていて、嫌でイヤホンで耳をふさぎました。ほんっとうに世の中、不満を抱えている人が多いよねー。たとえ知らない人の話でも耳から入ってくるネガティブな情報は、げんなりする(悪い気を取り込む気がする)のでシャットアウトするに越したことありません。文章なら読まないことができるけど、耳は閉じることができないから、せめて栓を。
 
自分でも、なるべく他人の悪口を言ったりしないように努めています。それでも言ってしまうこともあるんだけど、そういうことを言うことが当然だとは思いたくないですね。

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア